超高齢化社会での介護について考える

当サイトについて

介護老人保健施設で働く30代後半の看護師です。看護師の仕事は県内の中規模病院でスタートしましたが、結婚出産を機に病院を離れて、子供が保育園に入った昨年から今の介護老人保健施設で看護師として再就職をしました。病院に比べて勤務時間に余裕のある仕事ですが、高齢者の方の介護や看護をする毎日は病院時代とあまり変わりません。充実した設備の施設だけに入居待ちをしている高齢者の方が沢山います。今後、ますます高齢者が増えることを考えるといろいろな問題点が見えてきます。

特別養護老人ホームでの生活をサポート

特別養護老人ホームでの生活をサポート

介護施設の中で介護老人福祉施設と呼ばれる施設があります。一般には特別養護老人ホームといわれる施設といった方がわかりやすいですね。その特別養護老人ホームの特徴と看護師の仕事内容についてご説明します。

特別養護老人ホームとは?

特別養護老人ホームは介護保険施設のひとつであり、介護老人福祉施設とも呼ばれています。要介護度1~5の認定を受け、在宅介護が困難な65歳以上の高齢者が入所対象となります。寝たきりや認知症の人が多く入居しています。介護の必要な高齢者が生活する施設として、食事や排泄、入浴などの日常生活援助を行います。主に地方自治体や社会福祉法人が運営していることから有料タイプの老人ホームよりも低料金で利用できるため、入所希望者が多く重度の人が優先されることから、申し込みから実際に入所するまで長く待たなくてはいけないこともあります。

特別養護老人ホームの利用の仕方とは?

特別養護老人ホームと聞くと、そこに入所して終身的に利用するようなイメージがありますが、その他にも利用方法があるのです。デイサービスでは、日中に施設を訪れて、食事や排泄や入浴などの日常生活の援助を受けられますし、ショートステイでは短期間だけ入所して、食事や排泄や入浴などの日常生活の援助を受けることができます。このような在宅介護支援を行っている施設も多くあります。在宅介護を行っている家庭では、介護をしている家族に大きな負担がかかります。介護されている人も介護している人も心身共に疲弊し、共倒れになってしまうことがあるのです。そんな在宅介護の負担をデイサービスやショートステイを利用することで軽減できるのです。

特別養護老人ホームでの看護師の仕事内容とは?

利用者は介護が必要な高齢者ではありますが、医療処置が必要な人は少ないため医療行為を行うことは多くありません。看護師の仕事としては、利用者の健康管理が中心となります。バイタルチェック、薬の管理や配薬、経管栄養の準備と注入、褥瘡(じょくそう)や皮膚トラブルの処置などとなります。食事や入浴、トイレの介助などの介護業務も行います。基本的には24時間体制で運営されていますので、夜勤やオンコールの呼び出しもあります。しかし、病院のように頻度は多くありません。残業もなく、定時で帰れることがほとんどとなります。病院とは違って特別養護老人ホームでは、看護師の人数が少なくなりますので看護師一人一人の役割が大きくなります。介護職員は基本的に医療行為を行なえませんので、看護師が自立して判断をする必要があります。判断が難しい場合は嘱託医師に連絡して指示を仰ぐことになります。

介護業界の未来を考える会 PICK UP

介護施設について詳しく知ろう

特別養護老人ホームでの生活をサポート

特別養護老人ホームは在宅介護が困難な要介護者が入居する施設ですが、デイサービスやショートステイといった短期間の利用も可能となっています。そんな中で看護師の仕事は利用者の健康管理がメインとなりますが、もちろん食事や排せつの介助等の介護業務も行って入居者の生活のサポートを行います。

介護施設について詳しく知ろう

介護老人保健施設で自立を支援

介護老人保健施設は介護が必要となった高齢者の自立を支援し、リハビリ等で家庭に復帰できるように支援する施設です。入居対象者は病状が安定して入院の必要のない要介護者で、看護師はその人たちの健康管理を中心に病状が悪化したときに医師から指示を受けて対応をしたり、病院への付き添いをしたりといった仕事をします。

介護施設で働きませんか?

介護施設は看護師も不足

看護師を必要とするのは病院だけではありません。地方自治体が運営する介護施設も民間運営の介護施設もその規模によって看護師を常勤させることが義務づけられているのです。その結果、ただでさえ不足している看護師は引っ張りだことなっています。今後の超高齢化社会の到来を見据えたとき、病院、介護施設とも看護師の確保ができるかどうかが死活問題となってきます。